YU-RIS

と、ここで「他のスクリプトエンジンはどのような状況なのだろう?」という疑問がふとよぎりました。

例えば、ぱっと思いついた「YU-RIS」はどうでしょうか?

公式 page を覗いてみると……最新版の公開日が 2014 年の 11 月になっていますね。

top page で紹介されている YU-RIS 製の作品も公開日が古いものがあります。

なんでしょう、やはり開発が滞っているのが目に見えてしまうと、人々の関心を得る機会も、徐々に減っていくのでしょうか。

別に、まったく利用者が絶えたとは思えませんけれど、未来志向を謳うティラノスクリプトが制作者の注目を集めるのと無関係とは思えない、ちょっとした体験でした。

広告

ティラノスクリプト

さて、ノベルゲームを制作するにあたって、友人のあいだで名前が挙がっていた「ティラノスクリプト」を利用することにしました。

必要最低限の説明しかされていないのですから当たり前なのですが、「使い方 & チュートリアル」を読むぶんには、なんとかカタチに出来そうな気がしてきます。

さらに言えば、高機能でゴージャスな UI よりも、シンプルで直感的なものを好むわたしとしては、例えカスタマイズをするにしても、難しい作業は少なくて済むだろう、という計算もあるのです。

ただ、画面の配置を調整するために、初歩の HTML と CSS の知識が必要だということなので、まずそれだけは勉強しなければなりません。まあ、他に応用も効くだろうし、無駄にはならないでしょう。

とりあえず、ゲーム制作を楽観的に捉えることはできました。